女の人

合格率が高い医学部予備校の選び方|医者を目指す為に通う

確実に英語を身につける

アルファベット

予備校は英会話スクールと違い、大学受験に向けた実践的な訓練を行なっています。そのためリーディングやライティングなどの能力を向上させることができ、難しいとされる長文解読問題でも合格が目指せます。また、予備校で訓練したことは別の試験でも活かすことが可能なのです。

もっと見る

合格へ導く学校とは

ドクター

複数の学校を比較する

志望校合格のためには、自分に合った予備校を選ぶ必要があります。特に東京にある難関の医学系学部の大学受験では、一般の大学受験に比べて倍率も10倍以上と高く、受験勉強も容易ではありません。東京では医学部予備校が30校以上もありますが、自分に予備校を選ぶことで志望校に合格できるまず第一歩になることでしょう。選び方ですが、指導や教材類が合格に適しているか判断する必要があります。これらは、その医学部予備校の合格実績を見ることでも明らかです。資料請求や体験授業を受けることでよりよくその医学部予備校が自分に適しているかわかります。また、予備校の自習室でかなりの時間を費やすことになりますが、その自習室が十分な数を有しているかも選ぶ際に重要なポイントとなります。

施設をよく利用しましょう

東京にある、ほとんどの医学部予備校では、空いている教室は常に開放しており、自由に使えることが多いです。授業は9時30分頃から17時前後までで、土日も終日開校しています。開校している時間は、講師も予備校にいるので、質疑応答をすることができるので、是非講師を積極的に活用してください。家だと集中できる環境が違いますし、予備校に行けば同じ目標をもって切磋琢磨する受験仲間もいるので、モチベーションんを保ちやすいでしょう。自習室の開放時間も朝から夜までと長いところがほとんどなので、講師と自習室をうまく利用することで、授業で学んだことをしっかりとインプットすることができます。東京の予備校では特に施設に力を入れている予備校が多いです。

合格できる確率を上げる

原稿用紙

希望する大学に合格したいと考えている方は、入試科目の全てで満遍なく得点することが大切です。特に合否を分けるとされているのが小論文です。その対策として、第三者に自分が書いた小論文を添削してもらうといいでしょう。

もっと見る

あの入試の人気に迫る

文房具

ao入試は受験者の個性を重視するで、採用大学も増加しています。このようなao入試を突破するためには、自分をいかにアピールできるかがポイントとなります。他人にはない経験を積むことが近道で、例えばユニークな検定や、部活動に取り組むことを通して、ao入試時にとっておきのエピソードを披露できるかもしれません。

もっと見る