確実に英語を身につける|合格率が高い医学部予備校の選び方|医者を目指す為に通う
ウーマン

合格率が高い医学部予備校の選び方|医者を目指す為に通う

確実に英語を身につける

アルファベット

英語を身に付けるには、予備校に入学することも方法の1つです。もちろん、英会話スクールに入学するとスピーキングとリスニングが向上するコースが数多く用意されています。これは英会話スクールが英会話に力点を置いているからです。しかしながら、予備校であればリーディング能力とライティング能力を高めるのに最適です。それというのも、大学入試では英語長文問題と英作文の2つが主な出題内容になるからです。予備校では大学入試に合格するための実践的な訓練を行いますので、読解力と英作力を鍛えたいという人には、予備校で英語を学んだ方が良いでしょう。最近は予備校講師が企業の英語研修に招かれるのも珍しいことではなくなりました。

予備校で実際に行われるリーディング授業は、主に論説文を論理的に読む訓練を行います。英語の論説文はパラグラフ毎の趣旨を把握しながら読み進めていきます。そうして、各パラグラフを貫く筆者の主張を掴むことができれば長文読解問題でも合格点を取ることができます。この力は他の試験にも応用することができます。たとえば、英検やTOEICなどのリーディング問題にも役立ちます。また、英作文の授業では、日本語と英語とを対照させながら暗記していくことが一般的です。もちろん、単語と語法の用法も覚えることができるので、他の英作文にも応用することができます。そうして、知識を深めていくことでライティング力を向上させていきます。