合格できる確率を上げる|合格率が高い医学部予備校の選び方|医者を目指す為に通う
ウーマン

合格率が高い医学部予備校の選び方|医者を目指す為に通う

合格できる確率を上げる

原稿用紙

ライバルに差をつける

大学入試の勉強と言うと英語や数学のような主要な科目を意識してしまう傾向が強いですが、すべての科目でバランスよく得点を確保するのが合格する確率を上げるためにはとても重要です。それを考えると、合否を左右する科目となる可能性が高いのが小論文です。与えられたテーマに対して自分の考えを論理的にまとめる能力が小論文では問われ、この部分はきちんと対策をすれば誰にでも伸ばせるので安定して高得点が見込めます。しかし、多くの受験生が小論文を後回しにしているのが現状で、それ故に入念な準備をした上で小論文の試験に臨めばほかのライバルにかなり大きな差を付けられます。国語の現代文と同様に小論文は日本語をもとにして作られた問題なので解答用紙を埋めるだけならとても簡単です。安心感から対策が後手に回ってしまう人も多いですが、できるだけ早い時期から準備を進めておくとかなり有利な状態で大学入試に突入でき、結果としてそれが合格へとつながります。

通信講座で添削してもらう

合格点が取れるような小論文を書けるようになるためには第三者に自分が書いた文章を添削してもらうのが効果的です。自分の癖はなかなか自身では気がつかないものですが、ほかの人に客観的に評価をしてもらえばそれがすぐに分かります。添削を通して自分の修正点を認識し、ひとつずつ着実にステップアップをしていけば採点官をうならせるような文章を書けるようになる日はそう遠くないです。ちなみに、自分が通っている学校に小論文に詳しい先生がいればその人に添削をしてもらえばいいですが、難しいのであれば通信講座を活用してみるのもありです。むしろ、こちら側を選択した方が効率よく小論文の実力を伸ばせます。一般的に良い文章と合格点を取るための文章にはギャップがあり、通信講座の先生はその部分を念頭に置きながら添削をしてくれるため、大学入試に必要なスキルだけを確実に習得できます。ほかの科目と併せて小論文の勉強をする必要がある受験生にとって、効率よく実力が付くのは何にも代えがたい強みです。